《《トップページへ
 

ZEH目標公表


ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、年間の1次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅のことです。住宅の断熱気密性能を高めたうえで設備機器の高効率化した「省エネ」と、 太陽光発電でエネルギーを創り出す「創エネ」、さらにエネルギーを見える化する「HEMS (ホーム ・ エネルギー・ マネジメント ・ システム)」 を組み合わせてエネルギー消費量をゼ口以下とします。 政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を発表しており、住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、 2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指すとされています。

松美の家では、 昭和45年創業以来、 秋田に適した省エネ住宅を研究・ 開発をしてきており、 全国のビルダーを対象とした省エネ住宅の表彰制度である『ハウス・ オブ・ザ・ イヤー』において、 全国No.1の大賞を受賞させて頂く等、省エネ住宅造りに力を注いできました。 この度、政府のZEH普及の方針に賛同し、以下の目標を掲げZEHビルダー登録をすることと致しました。

◎ZEH普及率目標(ZEH・Nearly・ZEH)
  • 平成28年度目標 13%
  • 平成29年度目標 20%
  • 平成30年度目標 30%
  • 平成31年度目標 40%
  • 平成32年度目標 52%

今後共、省エネ住宅の研究・開発に向けて邁進して参ります。
ZEHについては、補助金の活用もできますのでぜひご相談下さい。
 
 
 

《《トップページへ