《《 弥生っこ村トップページへ
御所野「弥生っこ村」の今・11月6日(土)撮影↓
一週間ぶりにたずねてみたら、萱葺きはもうすっかり葺き上がっており、入り口には弥生っこ会員が萱を使って編み上げた、すだれがさがっていました。ここしばらくはお天気もすぐれず、雨が続いていたのに、弥生っこ会員の方々はがんばって作業をしていたのだなと、感動しました。11月27日(土)は、「完成の儀式」が10時から12時30分に行われます。完成見学会や土製勾玉づくり体験、火おこし体験、豚汁のふるまいなど盛りだくさんです。今年最後の体験学習ですので、みなさん参加してみてください。

萱葺きはすっかり、葺きあがっておりました


まだ萱押さえをしている状態


左横から見ると、入母屋部分の形に特徴がある


後方から見る(どこから見ても味わいがある)





手の込んだ入母屋部分


弥生っこ会員が編んだ萱のすだれ


住居入り口付近


弥生時代の外壁