《《 弥生っこ村トップページへ
御所野「弥生っこ村」の今・10月27日(水)撮影↓
今日は、屋根葺きの指導員のもと、大勢のボランティアの方たちで屋根葺きをしている。下1段は萱の穂先を上に向け2段目からは穂が下を向く 「逆葺き」で屋根を葺いて行き、ホゲで押さえながら仕上げて行く。かなり傾斜のある屋根なので、作業する人たちは、安全帯をを着用して作業の安全にも気をつかっている。また、この日は市民相談室の方の引率で、多数の市民の方たちも遺跡の復元を、見学に訪れ、係りの方の説明に聞き入っておりました。10月30日(土)には、市民の体験学習が午前10時から行われます。内容は、住居下部の草壁造りと骨針造りです。皆さん是非参加してみてください。

萱葺き作業風景


寒空の下での作業は大変そう


頂上の入り母屋部分を組む


萱葺きが終わると隠れてしまう部分です


何人もの手が必要です


下でも上でも作業をしています


萱を上げる人


萱を受け取る人


斜め後方からの作業風景


萱の上をホゲで押さえる


萱を次々結わえて行く


急斜面での作業は大変そう


今日は多くの市民の方々が見学に見えてました


係員の説明を受ける見学者の皆さん


皆さんとても熱心に聞き入っております