《《 弥生っこ村トップページへ
御所野「弥生っこ村」の今・10月13日(水)撮影↓
屋根葺きの準備で、つかの間のお休みでしたが、また、弥生っこボランティアが帰ってきました。今日は、萱葺きの準備で、協和町産の萱の運び込みがありました。運んでくると、皆で車から下ろし、萱を広げて風を通し、乾かします。また、午後は住居を設計した、秋田建築専門学校の生徒が、大石萱手職人さんを先生に、萱葺きを体験しました。萱を結わえて行く方法は、「将来、結婚してからでも、何にでも役に立つ」と説明を受け、若い生徒さんにとてもうけてました。そして、近くの御所野幼稚園のかわいい子供たちも見学に来てくれました。弥生っこ村ってとっても楽しいですね。

萱の搬入。
立てて風をあて、乾かす


遺跡造りの為の雑務もすべて
ボランティアの手で行われる


搬入された萱を乾燥させる



この日は松美会の安全パトロールの
スタッフも見学に訪れた。



こちらも弥生っこ村恒例の記念撮影


秋田建築専門学校の生徒たち


萱職人の大石先生


これから萱葺きを体験する


まず、大石先生の技術伝授


実際に萱葺きを体験してみる。


なかなか思うようには行かないものだ


係りの方の説明に熱心に聞き入る


初めての体験に熱が入る


恒例行事の記念撮影 <秋田建築専門学校>


御所野幼稚園のかわいい
こどもたちも見学にきてくれた


中は暗いのでチョットこわい



ボクはどうしても
入れないの・・・


だいじょうぶ!
こわくないよ!