松美の「GMシステム」は
気候風土を克服した理想の建築工法。

 秋田県は、日本海に面し冬季間は、大陸からの冷たい季節風と深い積雪に覆われる厳しい気候風土の地域です。特に岩手・山形との県境に接する山間部では、大量の積雪を見る寒冷地域です。晩春には、蒸し暑い梅雨が降り、夏はしばしば台風の通り道となり、山間部の盆地ではフェーン現象が起きて高温を記録します。このように秋田県は、気候風土の比較的に複雑で厳しい地域に属しており、山岳部、海岸線と全く異なる特有の気候風土を有する地域です。(株)松美造園建設工業では、このような秋田県の住宅を地域特有の様々な気候条件に適合させ、冬も夏も快適な住宅造りを目指して、過去においてはフランチャイズ工法へ参加するなど、様々な試行錯誤を重ねて参りましたが、到達した結論は、秋田県には、秋田県独自の建築工法の開発が必要だということでした。その結果、秋田県の大工が培ってきた伝統工法を生かし、更に独自の工夫を重ねて、松美の家「GMシステム」を完成させました。伝統工法にこだわり、更に発展させた松美の家「GMシステム」は、地元の気候風土を知り尽くした秋田大工の技術と誇りを集約させ、暮らしやすさに裏打ちされた長寿命の住宅工法で、この秋田県に最も適した最新・最強の住宅建築システムだと自負しています。(株)松美造園建設工業では、今後も住まわれる家族のみなさまが幸福になれる本物の秋田県独自の高性能住宅を造り続けて参る所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

「松美の家」の開発発想は
秋田県独自の快適な住空間の創造です。

高性能住宅「松美の家」は、機能住宅だからこそ美しい
 高性能住宅に住みたいけれど、価格が高くなるのでは?様々な制約があって、不満や不自由を覚悟しなければならないのでは?(株)松美造園建設工業が考える「高性能住宅」とは、デザイン的に優れ、しかも省エネルギーで、住宅の維持経費が一生涯に渡って少なくて済むことが条件です。住宅は機能的であればある程、デザイン的にも美しくなります。また、性能が良ければ燃費が良くなる自動車のように、住宅も高断熱・高気密で住み易くなればなるほど、省エネルギーになります。子どもやお年寄りなどの生活弱者が住みよい住宅を心がけて設計すれば、バリアフリーになるのは当たり前です。「思いやり」を形にすれば、ごく自然に住宅は住み易く、生活経費の少ない高性能で美しい住宅になります。新築したら一生涯建て替えの心配もなく過ごせる住宅、それが『松美の家』の住宅造りの目標です。

家族の未来に責任のある住宅、
あなたが今、決断しないで誰が決断できますか?

 新築なら、どこで建てても性能は同じだろう。知り合いの工務店だから大丈夫だろう。この様な考え方で住宅を新築するとしたら、大変な失敗をしてしまいます。「住宅は三度建てなければ本物には当たらない」ということわざがありますが、(株)松美造園建設工業が考えている住宅は、いま建てたら少なくとも三代は住み続けることが出来る住宅です。これからの住宅は、最低60年は住み続けることが可能でなければなりません。炭素税・環境税の導入も考えられる現在、短命な住宅は地球環境を破壊するばかりか老後に負担を強いる住宅になります。高齢化に対応した安全で住み易い住宅。今あなたが決断しなくて誰が決断できるのでしょうか?
(株)松美造園建設工業は、貴方と貴方の大切な家族のために本物の高性能住宅をお建てしたいと願っています。 

性能もデザインも、全国統一の
大量生産工業化住宅で満足できますか?

 住宅は、科学的な根拠と確かな施工性がなければ長持ちはしません。全国展開の大きな会社であれば実験設備も充実し、様々な実験データーに基づいて住宅が建てられているのだから信頼できる。大手プレハブメーカーに発注される根拠は以上のような思いではないでしょうか?しかし、気候や風土は全国一律ではないし、実験室と同じような結果が得られるとは限らないのが自然災害の恐ろしさです。全国一律の大量生産で高性能住宅が可能だとしたら、これ程良いことはありませんが、住宅は有史以来、その土地や風土に根ざして建てられてきました。北海道から九州まで同じ性能・デザインの住宅。地域の風土性を無視した個性のない住宅に、耐久性や快適性を託して一生涯住み続けることができるのでしょうか?情報化時代といわれて久しい今日、地方の建築会社も様々に学んできました。蓄積されてきた地方の職人の知恵を生かし、さらに世界の住宅先進国から情報を取り入れて、この秋田県という地域に適合した住宅に改良して生まれたのが『松美の家』なのです。