昭和45年
・創業

昭和51年

・省エネ住宅研究(北国向け住宅)視察
昭和55年
・北海道高断熱・高気密住宅の視察
・秋田市内における住宅事情調査・資料収集
・高気密住宅
・エネルギー工学、気体工学、気象学、複合研究開始
昭和56年
・北海道高断熱・高気密住宅の視察研修
・高断熱・高気密住宅に生活している方の意見取材
昭和57年
・結露による被害の実態調査
・結露探査機の開発
・湿度と結露の意見交換・研修
・住宅解体現場での内部結露被害の取材開始
・省エネ・排熱利用熱交換器の開発研究
昭和58年

・北海道住宅展示場及び現場視察
・排熱利用熱交換機器実現
・通産省省エネ登録許可
・ソーラーエネルギーシステム展示・データ収集開始
・換気設備の勉強会開催
・無落融雪システムを開発し自社社屋に設置(排熱利用)
・床暖房開発
・改良データ取り研究
・木材乾燥勉強会開催

昭和59年

・排熱利用熱交換機取付、データ収集
・無落融雪システム、高断熱住宅の販売開始
・自社開発の熱交換機器自動運転用制御機開発成功
・火災時における自動脱出機の開発

昭和60年

・北海道住宅展示場の視察(松本建工住宅展示場)
・北海道欠陥住宅研究会に参加研修
・高断熱住宅におけるエネルギー削減研究
・高断熱住宅の欠陥調査、内部結露問題研究
・「秋田の風土と住まいを考える会」発足準備

昭和61年
・秋田博に高断熱・高気密・無落融雪住宅を展示
・秋田の風土と住まいを考える会設立、参加(秋住会)
・断熱材と結露の問題を研究
・外断熱住宅の研修会開催
・住まいのカビと健康についての研究
昭和62年

・北海道住宅研究会参加
・松本建工・工場見学、断熱パネル研究会
・高断熱住宅・ウレタンパネル使用研究開始
・FPグループ東日本設立 、加盟する

昭和63年
・食肉加工大型冷蔵庫建設(70坪)
・床暖房開発研究
・オリジナル蓄熱式シームレス床暖房システム実現
平成元年
・秋田市御所野ニュータウン進出
平成3年
・秋田住宅フェア「FP工法住宅実物大展示」
平成4年
・木造合理化システム研究
・高気密・高断熱・ローコスト住宅の研究
平成5年
・秋田住宅フェア「木造合理化システム住宅実物大展示」
平成6年
・高気密・高断熱・ローコスト住宅の研究「省エネ住宅」完工
平成7年
・GMシステム完成
・自社工場(ぱいん工房)完成により、プレカット・パネル製作ライン化実現
・秋田駅東常設展示場オープン(ソーラー発電住宅)
平成9年
・全国室内気候研究会入会
平成10年

・御所野に秋田県内初の住宅資料舘オープン
・気密測定技能者従事事業所登録

平成11年
・環境共生・次世代省エネ住宅・研究・開発
・冬季温熱環境実験住宅建築及びデータ収集
・気密評定B取得
・エコフレンドリーホーム次世代省エネ住宅展示場オープン
・自社工場(ぱいん工房)河辺七曲に移転、拡張
・第2回全国室内気候研究会開催
・「GM工法T-1」住宅の気密に関する評定取得
平成12年
・秋田県内で初めて次世代省エネルギー基準適合住宅評定を取得(第1回)
・「GM工法T-2000」による住宅に係る省エネルギー性能に関する評定取得
・木造合理化システム認定取得
・JIO(二本住宅保証検査機構)登録証取得
・自社工場(ぱいん工房)から(株)美研ウッドとして独立
平成13年
・美研ウッドに木構造プレカット全自動ライン導入
・大曲支店を設立、大曲展示場が完成
平成14年
・秋田大学工学資源学部産学官連携推進事業に参加
  産学官協同で床暖房の高効率化の研究を開始(平成14.15.16年度)
・美研ウッドにお客様からの荷物を一時お預かりするストックヤードを新設
平成15年
・実物大の構造体を使用した耐震・傾斜公開実験を実施
平成16年
・中国上海華東交易会に出展、木造モデルハウスを展示(平成16.17年度)
・中国北京で中国国際建築展に出展
平成17年
・日本企業として初めて、中国で初の在来工法木造住宅を建築し、全国で話題となる。
・大曲展示場をリニューアルオープン「新和風展示場」
・中国上海別荘展示会に出展
平成18年
・住宅資料館にリフォームコーナー「くじらの舘」新設
・燃料電池システム開発研究を開始
・太陽光最高システム開発研究を開始