壁や天井に断熱材を使用することは、快適な家作りの常識となっています。しかし、住まいの断熱性能に大きく影響する開口部(窓)の断熱については、まだまだ認識されていません。冬に室内から逃げ出る熱の実に48%が、夏に室内に侵入してくる熱の71%が開口部からのものです。住まいのおん熱環境を向上させ、夏・冬共に省エネルギーで快適に生活するには夏も冬も開口部(窓)の断熱性能について考えることが重要です。
 

 サッシとガラスの組み合わせで開口部の断熱性能は大幅に変化します。ガラス1枚だけのサッシとガラス2枚で空気層を挟んでいる複層ガラスとでは約2倍もの断熱性能の差があります。また、複層ガラスの空気層にアルゴンガスを封入して断熱性能を高めたガラスや、ガラスの表面に特殊金属コーティング(Low-E)を施したガラスにすることで、さらに断熱性能を高めることが出来ます。
  窓(開口部)の断熱性能を高めることによあって、冷暖房をしたときの熱が逃げにくくなり、省エネルギーが可能となります。